船橋・津田沼・浦安・八千代でニキビ治療をお考えの方へ

ニキビを治すだけでなくキレイな素肌へ

保険治療から美容皮膚科治療まで幅広く対応

ニキビを治したいけれど、皮膚科で薬をもらうべき?それとも美容皮膚科のほうがキレイに治るの?
よくわからなくて迷ってしまいますよね。
初めてニキビ治療のために病院に行こうと思っている方は特にそうかもしれません。
しかし、ふじもと皮フ科クリニックは一般皮膚科治療と美容皮膚科の治療、どちらも行っていますので迷う必要はございません。一人ひとりのお悩みにぴったりのニキビ治療を、幅広い選択肢からご提案します。

ニキビの場所も形も肌質も、全て人それぞれ。
ニキビ治療は本来、患者様個人に寄り添った形であるべきだと、当院は考えています。
「ニキビが治った肌」から「ニキビを作らない肌」へ。
美容皮膚科を併設するふじもと皮フ科クリニックだからこそ、そのような治療が可能です。自慢できる素肌を一緒に目指しませんか?

ニキビの原因

ニキビには大きく分けて思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビがあります。
どちらも毛穴を角栓が塞いでしまうことによって起こりますが、皮脂が溜まってしまう原因が異なります。

大人ニキビ

毛穴を塞いでしまうほどの角栓ができてしまう原因は、肌の乾燥、睡眠不足、ストレスによるホルモンバランスのくずれなど、多岐にわたります。毎日の生活やスキンケアで予防できますが、一旦できてしまうと皮膚のターンオーバーが遅くなり、なかなか治りづらかったり、再発してしまったりというケースも見られます。特に皮脂が溜まりやすい体質だ、という方は根本的に肌質を改善する必要もあるでしょう。
男性の場合、毎日の髭剃りが原因で乾燥したり雑菌が入り込んだりして、ニキビができてしまうこともあります。

思春期ニキビ

10代にできてしまうニキビは、思春期ニキビと呼ばれ、その名の通り20歳前後になると落ち着くことが多いです。原因としては、主に第二次性徴期に入り男女ともに男性ホルモンが増え、皮脂が多く分泌されることがあげられます。皮脂の溜まりやすい頬や鼻、おでこに多くニキビが見られます。

ニキビの種類

白ニキビ

ニキビの中で最も初期段階の症状です。ニキビ自体は無色ですが、触れてみてザラザラしているような場合、この白ニキビに該当します。
角栓で毛穴が塞がれ、その下に皮脂がたまることで盛り上がってしまっている状態です。
このたまった皮脂を正しい方法で取り去ればすぐに治りますが、無理やり押しつぶしたり、不衛生な手で触れたりすると炎症が起き、悪化してしまいます。過酸化ベンゾイル等の外用薬で軽快しない場合、皮膚科で面皰圧出を行うことも有効です。当院でも面皰圧出治療を行っておりますので、ご相談ください。

黒ニキビ

白ニキビからやや悪化した症状です。
角栓の下で詰まった皮脂と汚れが毛穴に収まりきらず皮膚表面に出てきて、空気と触れ酸化することで黒ニキビになります。黒ニキビはまだ炎症が起きていない状態なので、一般的な赤ニキビ用の薬はあまり効果がありません。
当院では、面皰圧出という毛穴のつまりを取り出す治療を行います。

赤ニキビ

黒ニキビから更に進行すると、赤ニキビとなります。
赤ニキビは炎症ニキビとも呼ばれ、溜まった皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖している状態です。アクネ菌は常在菌ですから普段は人間の皮膚で肌を守ってくれています。しかし、皮脂が多い場所に集まりやすい特性があるので、白ニキビ・黒ニキビのような皮脂の溜まった場所で異常増殖し、炎症を起こしてしまうのです。 赤ニキビに対しての治療法としては、内服薬(抗生物質など)や外用薬での治療が一般的です。お薬で目立った赤ニキビは落ち着くものの、再発を繰り返す場合、BBL光治療やQスイッチヤグレーザーでのスペクトラピールをおすすめしております。

黄ニキビ

ニキビの最終段階とも言える黄ニキビ。
炎症したニキビが化膿してしまい、黄色い膿(うみ)となって表面に現れた状態です。
赤ニキビで増殖してしまったアクネ菌を抑えようと、白血球の一種の好中球という物質が集まり、戦います。その後の残骸が、膿になってしまうのです。
黄ニキビの怖いところは、その炎症が目に見える範囲だけでなく肌の奥まで広がってしまっている可能性があることです。その場合は痛みを伴う場合もあり、膿をキレイに排出できたとしても、ニキビ痕になるリスクがあります。黄ニキビをご自分で潰すことは絶対にしないようにしましょう。
当院では、黄ニキビの治療法として、通常の内服薬・外用薬の治療だけでなく、BBL光治療やQ スイッチヤグレーザーでのスペクトラピールをご用意しております。黄ニキビができてしまったら、お早めにご相談にいらしてください。

ニキビ跡(ニキビ痕)

ニキビの炎症は治まったものの、跡が残ってしまった状態です。
クレーターのようになってしまったもの、赤みが残っているもの、茶色く色素沈着してしまったもの、やけどのようにケロイド状になってしまったものなど、症状は様々です。
ニキビ跡(ニキビ痕)になってしまうと完治は難しくなりますので、ニキビ跡になりにくい白ニキビ・黒ニキビの段階で治療されることをおすすめします。もし、炎症して赤ニキビ・黄ニキビになってしまったら、放置せず適切な治療を行うことでニキビ跡を予防しましょう。

ニキビの治療方法

外用薬・内服薬(保険適応)

皮膚科ならではのニキビを治す効果の高いお薬で治療を行います。
専門医による診察後、症状・程度によって患者様に応じたお薬を処方します。
別日での診療となりますが他の保険適用外治療と組み合わせることもできますので、よりニキビ治療の効果を高めることができます。
以前他のクリニックで処方されていたニキビ薬を継続して使用したい、などのご相談も承りますので、お気軽にお申し付けください。

取り扱っている主なニキビ治療薬

分類 薬品名
外用薬 ディフェリン、ベピオ、デュアック、エピデュオ、アクアチム、ダラシンなど
内服薬 ビブラマイシン、ミノマイシン、ルリッド、ファロムなど

赤外線治療(保険適応)

遠赤外線を肌に当て、皮膚の血行を促進し、軽度のニキビを改善することができます。
1回の治療で効果を感じることは少し難しいですが、ニキビへじわじわと効果が見られます。保険適応ですので、費用を抑えることが可能。
ご自分のペースで通院していただけますので、内服薬・外用薬なども組み合わせ、経過を観察しながら治療できます。

面皰圧出(保険適応)

面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)とは、ニキビの中に詰まっている皮脂や汚れ、膿などを潰して取り出す治療です。個人でニキビを潰してしまうと、雑菌が入り込んだり皮膚が傷ついたりして悪化してしまう可能性があリますが、皮膚科の専門医が行いますので、問題ありません。
診察後、消毒してからニキビの先端に小さな穴を開け、専用器具で毛穴の中身を押し出します。

BBL光治療(保険外)

炎症した赤ニキビや膿んだ黄ニキビなど重症化したニキビでも、速やかに効果を発揮します。
BBL光治療とは、BBL(ブロードバンドライト)という医療用の光をお肌に照射し、肌トラブルを改善する治療です。この治療器は、美容医療先進国・アメリカで「キング・オブ・レーザー」と呼ばれ、様々な照射系治療器の中でも信頼性・効果ともに高いことで有名です。

Qスイッチヤグレーザーによるスペクトラピール(保険外)

Qスイッチヤグレーザー・スペクトラとは、様々な美肌治療に使用されている最新鋭のレーザー機器です。いろいろなパルス幅での照射が可能です。ニキビ治療では深層へ熱を伝えるロングパルスモードを使用して、肌の奥で増殖してしまっているアクネ菌を殺菌しニキビを治します。

ニキビ治療の症例

治療内容

  • 内服薬・外用薬
  • QスイッチYAGレーザー

治療結果

治療前は頬やあご全体に赤ニキビができて炎症しており、化膿した黄ニキビも点在していました。
保険診療でニキビ用の内服薬と外用薬を処方しましたが、その後「もっと早くニキビを治したい」とご希望されたため、QスイッチYAGレーザーによるニキビ治療を行い、かなりの改善が見られました。

※医療広告ガイドラインの指針に従い、症例写真の掲載を中止しました。ご来院時にお見せしますのでご希望の方はお申し付けください。

船橋・津田沼・浦安・八千代でニキビにお悩みの方は
お気軽にご相談ください

9:30~12:30/15:00~19:00(土曜は17:00まで) 休診日:水曜、日曜、祝日