皮膚分析で自分の肌状態を知ろう

アンテラ3Dで肌を分析し自分に合った最適なケアを!

こんな方におすすめ

アンテラ3Dとは?

2D、3Dによる肌の観察・レポート作成がスムーズに行えるハンディタイプの皮膚分析器です。
気になる箇所を撮影するだけで、立体的な画像が構築されるため3D画像による肌分析が即座に可能です。
※コンパクトスキャナーのため、全身あらゆる部位の撮影が可能。

顔だけでなく腕や足、首やデコルテなどの状態を知ることもできます。
アンテラ3Dにより作成された肌レポートでは視覚的に肌を確認できることはもちろん、数値化による定量評価の2つの観点から確認ができるため、より効果的な肌治療のご案内が可能です。

アンテラ3Dの撮影例

メラニンモードの撮影例(シミ、そばかす、肝斑)

メラニンモードの撮影例(シミ、そばかす、肝斑)

メラニンモードの撮影では、皮膚のメラニン(シミ、肝斑の原因)量や分布を確認することができます。
機械や化粧品の使用前、使用後に撮影し比較することで効果の確認が可能です。
また、メラニン分布の多い箇所はUV対策の強化、色素沈着の度合いにより摩擦の対策をするなど日常での注意点を肌分析から確認することができます。

ヘモグロビンモードの撮影例(肌の赤み)

ヘモグロビンモードの撮影例(肌の赤み)

ヘモグロビンモードの撮影では、皮膚の赤み、分布を確認することができます。
機械や化粧品の使用前、使用後に撮影し比較することで効果の確認が可能です。
メラニンモードと共に使用することでくすみと赤みの判別ができます。肌がくすんで見えても実は赤みが原因ということもあるのです。

リンクルモードの撮影例(シワの深さ、長さ)

リンクルモードの撮影例(シワの深さ、長さ)

リンクルモードの撮影では、皮膚のシワの深さ、長さなどを確認することができます。

毛穴モードの撮影例(肌の凹凸)

毛穴モードの撮影例(肌の凹凸)

毛穴モードの撮影では、毛穴の状態(凹凸)を確認することができます。

アンテラ3Dの流れ

診察予約

予約

お電話または美容皮膚科(カウンセリング)初診予約ボタンよりご連絡ください。(当日予約はお電話のみ)

お電話の場合は、その場で予約日時をご相談させていただきます。
美容皮膚科(カウンセリング)初診予約ボタンよりご連絡いただいた場合は、返信メールにて予約日時をご確認下さい。

【1回目のご来院】問診票の記入

問診票の記入

ご来院されましたら、まず問診票をご記入いただきます。問診票はあらかじめ記入してお持ちいただくことも可能です。下記よりダウンロードし、印刷してご記入ください。

【1回目のご来院】撮影

撮影

診察前に素肌の状態をアンテラ3Dにて撮影させて頂きます。撮影データは厳重に保管いたします。

【1回目のご来院】診察

診察

院長が診察をいたします。
予め撮影したアンテラ3Dのデータとともに直接お肌の状態を確認し、お悩みについて伺った後、治療内容をご提案いたします。

【1回目のご来院】施術日の予約・お会計

施術日の予約・お会計

女性スタッフより、治療プランの詳細や料金についてご説明いたします。
その後、施術日を予約していただきます。
初診料のお会計をして1回目は終了となります。

【2回目のご来院】施術

施術

院長が診察をいたします。 診察後、ご予約を頂きました施術を行わせていただきます。

※アンテラ3Dは美容カウンセリングをお受けいただいた際に撮影しています。
アンテラ3Dの撮影のみはお受けできかねます。予めご了承下さいませ。

9:20~12:20/14:30~18:30(土曜は14:50~16:30まで) 休診日:水曜(午後)、日曜、祝日

※美容皮膚科は水曜休診となります。