老人性色素斑のシミ治療|北習志野・ふじもと皮フ科クリニック

船橋市・習志野市付近でシミ(老人性色素斑)の治療をお考えの方へ

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とは?

老人性色素斑の症状

老人性色素斑の症状
老人性色素斑の特徴
形状 円形や楕円形に近い形。
薄茶色~茶色で境界ははっきりしている。
大きさ 数mm~数cmまでさまざま。
場所 紫外線を浴びやすい顔や手の甲、腕などにできやすい。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とは、別名「日光性色素斑」とも呼ばれており、その名の通り、加齢とともにできやすく、日光(紫外線)によってできるシミのことです。
一般的に「シミ」と認識されているのは、この「老人性色素斑」です。

シミの形状や大きさは様々ですが、比較的円形や楕円形に近く、境界がはっきりしているのが特徴です。1つだけの場合もあれば複数できる場合もあります。

老人性色素斑ができやすい人

老人性色素斑ができやすい人
年齢 40歳以上。早い人は20代でできる。
その他 紫外線を浴びる機会が多い人。

老人性色素斑は40歳以降にできる人が多く、50代以上の約8割の人に老人性色素斑があるとも言われています。
紫外線を浴びる機会の多い人は、20代で老人性色素斑ができることもあります。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の主な原因は「紫外線」です。

皮膚に紫外線が当たると、紫外線から肌細胞を守るためにメラニンという黒い色素が生成されます。通常、メラニンは肌のターンオーバー(代謝)によって排出されます。
しかし、紫外線をたくさん浴びてメラニンが過剰に生成されると、排出が追いつかず蓄積し、蓄積したメラニンがシミになってしまいます。

また、加齢によりターンオーバーが遅くなると、やはりメラニンの排出が追いつかなくなり、シミとなってしまいます。

老人性色素斑の予防法

老人性色素斑の予防法

老人性色素斑の予防やできてしまったシミを悪化させないよう、以下のことに気をつけましょう。

紫外線対策

老人性色素斑の最大の原因である紫外線への対策は、シミ予防としては欠かすことができません。

日差しの強い夏や、長時間の外出時には日焼け止めクリームを塗るなど対策されている方が多いと思いますが、季節や天候に関わらず日中は紫外線対策を心がけましょう。
室内でも日光が差し込む場合には気をつけてください。

また、手の甲やデコルテは紫外線対策を忘れがちですが、シミにお悩みの方が多くいらっしゃいます。

日焼け止めクリームを塗っても、手を洗ったり、汗をかいたりした時に落ちやすいということも要因でしょう。ストールやUVカット手袋などがあると安心ですね。

規則正しい生活をする

ターンオーバーの乱れもシミの原因のひとつです。
不規則な生活はターンオーバーの乱れを招きますので、バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。

適切なスキンケア

メイクなどの汚れが落としきれていなかったり、反対に過剰な洗顔で肌に刺激を与えてしまったりすると、ターンオーバーの乱れにつながります。
適切なスキンケアもシミの予防には大切です。

ふじもと皮フ科クリニックのシミ(老人性色素斑)治療

皮膚科専門医によるシミ治療

皮膚科専門医がシミを診断

シミ治療ではシミの症状を的確に判断し、症状に合わせた治療法を選択することが重要です。
老人性色素斑はありふれたシミではありますが、そばかすや肝斑など他のシミと併発していることもあり、治療法を誤ればシミが悪化してしまうこともあります。

シミ治療を行っている医療機関はたくさんありますが、当クリニックでは「皮膚科専門医」の資格を持つ院長が診察しています。
皮膚科一筋で長年多くの症例を診てきた経験を元に、おひとりおひとりのシミの症状に合わせた治療を行いますので、安心してお任せください。

BBL光治療でシミ治療

BBL光治療でシミ治療

BBL光治療とは、医療用の特殊な光を肌に照射する治療です。
シミ(老人性色素斑)の原因であるメラニン色素の排出を促す効果があります。

広範囲に照射できるため、シミの数が多い場合はレーザーのスポット治療よりもBBL光治療が適しています。
また、シミの改善だけでなくコラーゲン生成を促す効果もあるため、ハリつやのあるお肌に。シミを取るだけでなく、肌の若返り効果も欲しい方におすすめです。

治療中ほとんど痛みはなく、ダウンタイム(日常生活に戻るまでの期間)もないため、気軽に受けていただける治療です。

Qスイッチヤグレーザーでシミ治療

Qスイッチヤグレーザーでシミ治療

「スペクトラQスイッチヤグレーザー」というレーザー機器の「スポット照射」で気になるシミ(老人性色素斑)をピンポイントで治療することができます。
皮膚の浅い部分にできたシミであれば、ほぼ1回の治療でシミ取りできるため、早くシミを取りたい方におすすめです。

しかし、治療後数日間は患部を保護するシールを貼る必要があるため、シミの数が多い方や、シールを貼って過ごすのが難しい方にはBBL光治療をおすすめしています。

ハイドロキノンでシミ治療

ハイドロキノンでシミ治療

ハイドロキノンは美白効果のある外用薬で、シミ(老人性色素斑)の改善も期待できます。
ハイドロキノンだけでシミを完治させるのは困難ですが、治療と合わせてご自宅でのケアに取り入れていただければ、シミの改善が早くなります。

船橋市・習志野市付近でシミにお悩みの方は
お気軽にご相談ください

9:30~12:30/15:00~19:00(土曜は17:00まで) 休診日:水曜、日曜、祝日