シミ取り治療

皮膚科専門医が シミの種類に合わせて治療

シミ治療の診察

シミにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか?シミにお悩みの方の中には、市販薬やシミに効果的とされるスキンケアを試した方もいると思いますが、シミは種類によって治療法が異なるため、セルフケアによって逆にシミが悪化してしまうこともあります。そのため、シミを改善するためには、医師による正しい診断と肌質や症状に合わせた治療が大切です。

ふじもと皮フ科クリニックでは、皮膚科専門医の院長が患者様のシミの症状を診察し、適切な治療法をご提案しています。光治療機「BBL」、レーザー治療機「スペクトラQスイッチヤグレーザー」をはじめ、ケミカルピーリング、イオン導入、外用薬など様々な治療法をご用意しておりますので、あなたに適した治療が見つかります。
まずはお気軽にご相談ください。

シミの種類と治療内容

老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑

老人性色素斑とは一般的に「シミ」と認識されているもので、薄茶色で円形に近い形状をしており、輪郭ははっきりしています。

老人性色素斑の主な原因は紫外線です。シミの正体は過剰に生成されたメラニンが色素沈着したものです。メラニンは紫外線などの刺激から肌細胞を守るためのものなのですが、通常は肌のターンオーバー(代謝)によって排出されるため、シミになることはありません。ところが、過剰に紫外線を浴びてしまうと、メラニンも過剰に生成されてしまい、ターンオーバー時に排出しきれなかったメラニンがシミになってしまうのです。

老人性色素斑は、紫外線予防である程度防ぐことができますが、できてしまったシミが自然に消えることはありません。BBL光治療やレーザーでメラニンを排出させることによりシミを改善することができます。

そばかす

そばかす

そばかすとは2~4mmほどの薄茶色の小さなシミが斑点状にたくさんできている症状です。鼻や頬にできやすいシミです。

そばかすの原因は先天性のものと後天性のものがありますが、多くは先天性のもので遺伝によるものです。幼少期に発生し、思春期に増え、大人になると消失する場合もあります。大人になってもそばかすが消えない場合や、後天的要因でそばかすができてしまった場合には、治療で改善することが可能です。

そばかすも老人性色素斑もメラニンが沈着したものであることに変わりはないため、基本的に治療方法は同じで、BBL光治療やレーザー治療を行います。

肝斑(かんぱん)

肝斑

肝斑(かんぱん)とは頬骨のあたりに左右対称にできるシミで、輪郭はぼんやりしています。大きさには個人差があり、完全な左右対称でない場合もあるため、判断の難しいシミです。

肝斑の原因は女性ホルモンに関係していると考えられるため、患者様は主に30代~40代の女性で、閉経後は薄くなったり消失する場合が多いようです。肝斑は妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできたり、ストレスによるホルモンバランスの乱れによってできたり、内面的な要因が大きいのですが、紫外線や過度なスキンケアで悪化する場合もありますのでご注意ください。

肝斑の治療は「スペクトラQスイッチヤグレーザー」というレーザー機器の「肝斑トーニング」モードで行います。老人性色素斑やそばかすに有効なレーザー治療でも、肝斑は悪化してしまう場合もありますので、症状の見極めが非常に重要です。

シミの種類と治療内容


20代のあなたへ

20代の患者様でいちばん多くいらっしゃるのがニキビ・ニキビ跡のお悩み。
しかしニキビ治療は長期的になるため途中で通院をやめてしまう患者さまも少なくありません。
大切なのはニキビができたら早期に治療を開始すること、そして継続すること。
ニキビは放置すればするほど治りにくく、跡も残りやすいのです。
そしてニキビなどの炎症のある肌は刺激に弱く、紫外線などの外的要因のダメージを受けやすいです。将来の肌のためにも、紫外線対策はしっかり行いましょう。


☆チェックポイント


ニキビ治療は保険適用で行えます。なかなか治りにくいニキビなどがありましたら一度ご相談にいらしてください。
また、ニキビ治療薬は長期的に使用することでニキビやニキビ跡の改善も見込めますが、より積極的な治療としてVビームレーザーを用いたフェイシャル治療(保険外診療)もご案内可能です。
保険内診療と同様で、治療は長期的に複数回行うことで徐々に改善する治療となります。
ニキビ治療薬だけではなかなか改善しないニキビ、ニキビ跡にお悩みの方はご検討ください。

30代のあなたへ

30代の患者さまはだんだんと肌の衰えを感じやすくなります。
目元の小じわ、肌のくすみ、治りにくくなった吹き出物など。
気になり始めたときから基礎化粧品、美容施術などでエイジングケアを始めるのがおすすめです。
また、30代に入り乾燥が気になっていらっしゃいませんか?
20代のころよりも乾燥しやすく、しわの原因になることも。
ホームケアでは潤いケアをしっかり行い、外的刺激に負けない肌を育みましょう。
目元やほうれい線など、気になる部分にはポイントケアアイテムを取り入れましょう。


☆チェックポイント


エイジングケアに効果あり!30代のあなたにおすすめの施術

40代のあなたへ

鏡をみると気になる箇所が増え、今までと同じスキンケアでは効果を実感しにくくなるのが40代。
若いころからしっかりお手入れをしていた方でも、肌老化と女性ホルモン量の低下などの原因から肌年齢を感じやすくなります。肌のくすみ(肝斑)が目立ってくる方も多いです。
また何を使っても乾燥するというのも40代の肌の特徴。
30代のころに比べ油分の量が大幅に減少しているので保湿成分がしっかり入っている基礎化粧品を選びましょう。


☆チェックポイント


40代のくすみが気になるあなたにおすすめの施術

50代のあなたへ

50代に入ると肌の総合的な悩みが増え美容施術の検討をしている方もいるのではないでしょうか?
しわ、たるみ、くすみが目立ち、透明感がなく肌全体が暗く見えたり、しわの部分に影ができてたるみも助長されたりする年代。
肌老化はさまざまな原因が考えられますが、50代に入ってから見落としがちな原因は肌の“糖化”について。
50代に入り甘いものを以前よりも好んで食べていたりしませんか?
身体が疲れているとき、イライラしているとき、ついつい食べてしまう甘いもの。
この甘い罠にはまると肌に悪影響を及ぼすかも。


☆糖化=糖がタンパク質と結合して体内に影響を及ぼす作用


50代のあなたにおすすめの治療
肌のトータルケアを自宅で行える化粧品プログラム、ZOSKINHEALTH(ゼオスキンヘルス)。
通院せずに自宅で治療ができるので、コロナ禍でも人気絶頂!

千葉県船橋市周辺でシミ取り治療をお考えの方は
お気軽にご相談ください

9:20~12:20/14:30~18:30(土曜は14:50~16:30まで) 休診日:水曜(午後)、日曜、祝日

※美容皮膚科は水曜休診となります。