粉瘤

粉瘤

 粉瘤とは

 顔面や背中などに多く見られますが、皮膚のあるところどこにでも生じうる良性の皮下腫瘍です。表面がなだらかに盛り上がり徐々に大きくなっていきます。ときに開口部があり圧すると中身がでてきて悪臭を放つ場合や、炎症を起こして急激に腫れたり痛みを出したりします。

原因

 開口部から続くように皮膚の中に袋状(嚢腫状)の構造があり、中は層状の垢(角質)でみたされています。原因は正確にはまだわかっていませんが、外傷をきっかけにできる場合や体質によると考えられています。

治療法

 良性の腫瘍であり、外用薬や内服薬では治癒できず根治には手術(皮膚腫瘍摘出術)が必要になります。局所麻酔下に切開したうえで腫瘍の摘出、縫合が必要となりますが、線状の長い傷跡が残ることがあるため周囲の組織との癒着がない場合は、一部をくり抜いて内容物を取り出すくり抜き法で治療することもあります。

 ただし、細菌感染などで炎症を起こしている場合はまずは炎症を抑えることが優先で、内服薬、外用薬で炎症を抑える場合や、局所麻酔下に切開し排膿し治療することもあります。炎症が落ち着いたのち数ヶ月後に瘢痕化したら根治術を行うこともあります。

注意点

 きわめて頻度が高い良性腫瘍ですが、皮下にできるものなので粉瘤と考えられたものでも摘出すると別の腫瘤であることもあるため、事前に画像検査を行うこともあります。また、炎症が強い場合は根治術を行うと傷跡が大きくなったり感染を起こしたりするため、炎症が強い場合は根治術は行いません。

よくある質問

Q:根治術は行わないといけませんか?

A:良性腫瘍なので必須ではありません。ただし少しずつ大きくなること、炎症を起こして急激に痛みがでて大きくなる場合があることや、手術では傷跡が残ることなどを考慮した上で、ライフスタイルや発症部位など様々な側面を考慮して治療を考えます。