千葉県船橋市周辺でシミ取り治療をお考えの方へ

皮膚科専門医がシミの種類に合わせて治療

シミ治療の診察

シミにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか?シミにお悩みの方の中には、市販薬やシミに効果的とされるスキンケアを試した方もいると思いますが、シミは種類によって治療法が異なるため、セルフケアによって逆にシミが悪化してしまうこともあります。そのため、シミを改善するためには、医師による正しい診断と肌質や症状に合わせた治療が大切です。

ふじもと皮フ科クリニックでは、皮膚科専門医の院長が患者様のシミの症状を診察し、適切な治療法をご提案しています。光治療機「BBL」、レーザー治療機「スペクトラQスイッチヤグレーザー」をはじめ、ケミカルピーリング、イオン導入、外用薬など様々な治療法をご用意しておりますので、あなたに適した治療が見つかります。
まずはお気軽にご相談ください。

シミの種類と治療内容

老人性色素斑(日光性色素斑)

老人性色素斑

老人性色素斑とは一般的に「シミ」と認識されているもので、薄茶色で円形に近い形状をしており、輪郭ははっきりしています。

老人性色素斑の主な原因は紫外線です。シミの正体は過剰に生成されたメラニンが色素沈着したものです。メラニンは紫外線などの刺激から肌細胞を守るためのものなのですが、通常は肌のターンオーバー(代謝)によって排出されるため、シミになることはありません。ところが、過剰に紫外線を浴びてしまうと、メラニンも過剰に生成されてしまい、ターンオーバー時に排出しきれなかったメラニンがシミになってしまうのです。

老人性色素斑は、紫外線予防である程度防ぐことができますが、できてしまったシミが自然に消えることはありません。BBL光治療やレーザーでメラニンを排出させることによりシミを改善することができます。

そばかす

そばかす

そばかすとは2~4mmほどの薄茶色の小さなシミが斑点状にたくさんできている症状です。鼻や頬にできやすいシミです。

そばかすの原因は先天性のものと後天性のものがありますが、多くは先天性のもので遺伝によるものです。幼少期に発生し、思春期に増え、大人になると消失する場合もあります。大人になってもそばかすが消えない場合や、後天的要因でそばかすができてしまった場合には、治療で改善することが可能です。

そばかすも老人性色素斑もメラニンが沈着したものであることに変わりはないため、基本的に治療方法は同じで、BBL光治療やレーザー治療を行います。

肝斑(かんぱん)

肝斑

肝斑(かんぱん)とは頬骨のあたりに左右対称にできるシミで、輪郭はぼんやりしています。大きさには個人差があり、完全な左右対称でない場合もあるため、判断の難しいシミです。

肝斑の原因は女性ホルモンに関係していると考えられるため、患者様は主に30代~40代の女性で、閉経後は薄くなったり消失する場合が多いようです。肝斑は妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできたり、ストレスによるホルモンバランスの乱れによってできたり、内面的な要因が大きいのですが、紫外線や過度なスキンケアで悪化する場合もありますのでご注意ください。

肝斑の治療は「スペクトラQスイッチヤグレーザー」というレーザー機器の「肝斑トーニング」モードで行います。老人性色素斑やそばかすに有効なレーザー治療でも、肝斑は悪化してしまう場合もありますので、症状の見極めが非常に重要です。

千葉県船橋市周辺でシミ取り治療をお考えの方は
お気軽にご相談ください

9:30~12:30/15:00~19:00(土曜は17:00まで) 休診日:水曜、日曜、祝日